1. ホーム
  2. > 美味しい食品
  3. > ブラックペッパー

ブラックペッパー

  • ブラックペッパー
  • ブラックペッパー
≪新鮮で豊かな香り。ピリッと効いたブラックペッパーは、料理の味を引き締めます≫

食欲が刺激される風味豊かなブラックペッパーは、素材の旨みを引き出し、肉や魚などの下ごしらえにはもちろん、シチューやスープなどの仕上げにぴったり。和食にもよくあい、なくてはならないスパイスですね。アイスクリームとも相性◎

粗挽きタイプとホールタイプの2種類。
粗挽きは、そのまますぐに使えるので便利です。
ミルをお持ちでしたら、ホールタイプがおすすめです。料理の下ごしらえにはパウダー状にしてなじませ、香りを引き立たせたい仕上げには粗挽きを使ったりと、役割に応じて調整できます。

■【種類】粗挽きタイプとホールタイプの2種類からお選びください。
■【内容量】20g
■【生産者】SHS(ネパール)
※4個までは送料全国一律450円(税抜き)でお送りできます。商品の組み合わせによって規定のサイズを超えますとご利用頂けない場合がございます。ご了承ください。(レターパックライト





ブラックペッパーが、お肉の味を引き締めます。



アイスクリーム×ブラックペッパー、大人の味。



◇ネパールから届いた新鮮でおいしいスパイス
ジャングルのような森の中でのびのび育ったスパイス。その香りや働きは強く、心身を活性化してくれます。豊かな自然の恵みを実感でき、作る人の顔の見える安心な食品です。

◇遠隔地の生活向上のために
ネパリ・バザーロのスパイスは、街から遠くて生活が厳しい、しかし自然が豊かな地域で栽培されています。私たちと現地の協同組合が協力し、農家を一軒一軒歩き回り、少量ずつ集めています。スパイスは荒地でも栽培でき成長も早いため、わずかな土地しか持たない生産者にとって貴重な収入源になっています。

ブラックペッパーは、ネパール南部、インド国境にあるタライ平野のジャパから届いています。非常に暑く、朝晩は霧が立ち込めるタライ平野は、良質なブラックペッパーの産地です。

ブラックペッパーは、コショウ科コショウ属のつる性植物。ネパールのタライ平野では、主にビンロウジュという木の幹に巻き付き、高く伸び育ちます。つるに、ブドウの房のように小さな果実が実ります。熟しきっていない緑色の果実を摘み取り、天日干しで乾燥させたものがブラックペッパーです。

この地域は石が多くてあまり作物が育たないため、15年ほどまえから栽培を始めたという生産者のボラ・ネウパニさん。ビンロウジュの実と胡椒で収入がダブルになるので、農民にとって大きなメリットがあります。





◇ネパール女性の貴重な仕事に
村で収穫されたスパイスをパッキングしているのは、首都カトマンズにあるSHS(スパイシー・ホーム・スパイシーズ)という工房です。厳しい経済状態にある女性たちがスパイスを粉末にし、新鮮なうちに一つひとつ個袋にパッキングをして、日本に出荷しています。



#スパイス
型番 7B0012
販売価格 450円(税抜)
購入数
  • up down
種類