1. ホーム
  2. > 自然素材 トップス
  3. > 紙布ショートジャケット

紙布ショートジャケット

  • 紙布ショートジャケット
  • 紙布ショートジャケット
≪上質なカジュアル。きちんとしたシルエットのショートジャケット。≫

襟から前端にかけて中縫いをしていない、切りっ放しの仕立てが上質でカジュアルな印象です。紙糸には空気がたくさん含まれているので、暑い時は涼しく、寒い時は暖かく、温度を調節してくれます。

■【サイズ】 S:(約)着丈54cm 胸囲82cm 肩幅35cm 袖丈17cm
      M:(約)着丈55cm 胸囲86cm 肩幅36cm 袖丈17cm
■【素材】ロクタ70%(よこ糸) 綿30%(たて糸) ボタン:水牛骨
■【洗濯】手洗い
■【生産者】コットンクラフト (ネパール)

◇紙布
ネパールの手すき紙ロクタ紙を細く切って、強い撚りをかけて紡ぎます。気の遠くなるような作業から生まれたロクタの糸に絹糸、綿糸を織り合わせた手織の布は、細い糸の中にたくさんの空気を含み私たちの身体を暑さや寒さから守ってくれます。

●写真2枚目左から水色(完売)・生成り、3枚目左から藍(完売)・グレイッシュパープル・ピンク(完売)

◇コットンクラフトから届いています。




◇ネパールの遠隔の地に自生するロクタをいかし、新たな産業をおこそうと開発した「紙布の服」。ロクタから紙を漉き、糸を紡ぎ、布に織り上げ、仕立てました。手間暇かけて、心を込めて作っています。工程をご紹介いたします。
.蹈タの原木から取り出した原料となる内側部分。


△笋錣蕕くした繊維。


A^櫃鯡斛箸帽げて乾かします。




イ任あがったロクタ紙を、細くカットします。


糸に紡ぎます。手先に全神経を集中し、細く強い撚りの糸を紡いでいます。




Г燭道紊鰐覆筌轡襯、よこ糸に紙糸を使って布を織りあげます。


┸イ蠑紊った布。
たて糸:綿/よこ糸:ロクタ(紙糸)


たて糸:シルク/よこ糸:ロクタ(紙糸)


一着一着、丁寧に服に仕立てます。


◇ネパリ・バザーロの布帛の衣類は、全て立体裁断から作られています。
ボディに布を当て、無理なく身体に添い、美しいラインが出るようにパターンを作ります。きれいなシルエットと着心地の良さを追求し、一着一着、丁寧に作っています。手間や時間、コストもかかるので、一般的なアパレルでは平面裁断のパターンが多く用いられています。

型番 2B1124
販売価格 24,000円(税込26,400円)
購入数
  • up down
色・サイズ